BLACK OR WHITE???

明らかに常人ではなく、さりとてオタクと名乗れるほどの知識も情熱もエネルギーもない半端者のタワゴト。バカかとアホかと思われたらどうぞ存分に叩いてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

動け、イオンエンジン

探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ ニュース 宇宙 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

 こそっとだけど「はやぶさ、早く帰ってこぉーい」と思ってたんだよ嬉しいなぁ。こないだエンジン停止したって聞いてもうダメかと思ったけど何とかするって凄いよ。もうこれで帰ってきてくれたらそれだけで凄いことだから何が何でも帰って来てくれたらそれだけでもう凄く嬉しいよ。

 そういえば日曜にジュンク堂で『現代萌衛星図鑑』買ってきたけど、読んでると涙だだ漏れになるのと、よく読むとちょっと難しいからまだよく読めてないや……。

 記事は消える可能性があるので以下に引用。


探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ


奇跡的な復活を果たした「はやぶさ」の想像図(宇宙機構提供、池下章裕さん絵)

 奇跡の復活――。4台あるエンジンのうち3台が停止し、小惑星イトカワから地球への帰還が危ぶまれていた日本の探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は19日、故障していた2台のエンジンを組み合わせて、1台分のエンジンの推進力を得ることに成功したと発表した。

 もう1台のエンジンの温存が可能となり、予定通り来年6月に地球へ帰還できる見通しとなった。

 はやぶさは、2003年5月の打ち上げ直後に1台のエンジンがトラブルで停止。その後も様々な機体のトラブルに見舞われたが、05年11月に地球から約3億キロ・メートル離れたイトカワに着陸した。07年4月には、もう一つのエンジンの部品が劣化して、運用を中止した。

 満身創痍(そうい)の機体は、残る2台のエンジンを交互に運用して地球への帰還を目指した。しかし、うち1台が、今月9日に故障していた。

 エンジン復活に向け、宇宙機構は、故障した3台のうち、早い段階で運転を中止したエンジン2台に着目。正常に動く部品同士を電子回路でつなぐ「離れ業」で、互いの故障を補う形でエンジン1台分の推進力を出すことに成功。電子回路は、万一に備え、「エンジン間をつないでおいた」ものだった。

 復活したエンジンは、順調に作動している。電力、燃料の消費は、2倍になるが、電力は太陽電池によって補給できる見通し。燃料にも余裕があるという。

 宇宙機構の川口淳一郎プロジェクトマネージャは「動いている方が奇跡的だ。予断を許さないが、万一に備えた回路が功を奏し、電力補給できるという幸運にも恵まれた」と話している。

(2009年11月19日23時00分 読売新聞)


現代萌衛星図鑑現代萌衛星図鑑
(2009/06/10)
しきしま ふげん

商品詳細を見る

スレッド:宇宙に関する話題 / ジャンル:ニュース

スポンサーサイト
2009.11.20[Fri] Post 18:00  CO:0  TB:0  感想  Top▲

クリックという言葉一つだけで

 サイトの小説のページの下に、拍手ボタンとして画像を設置し、alt属性とtitle属性に“Click & Clap!!”と書いておいたら、Another HTML-lintに怒られた。「<A> のアンカーとして <IMG> の ALT 属性の値に `Click & Clap!!` などを使うのは好ましくありません。」だそうな。

 どうやら“Click”という単語があったせいで、いわゆるhere症候群の一種だと見なされたらしい。here症候群というのは、「○○はこちら」や「ここをクリック」などの、単独では意味を成さない部分をリンクにすること。リンク部分だけを抜粋すると「こちら」「ここ」や「クリック」だらけで訳が分からなくなってしまうので、好ましくないと見なされるらしい。

 だが……“Click & Clap!!”は、そりゃ確かに“Click”という単語は入ってるが、キャッチフレーズとして充分に意味を成してると思うんだがなあ。

スレッド:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

2009.11.18[Wed] Post 05:18  CO:0  TB:0  ヘボサイト作り  Top▲

拍手CGIの管理画面でパスワード認証画面に戻されるという問題

 今月2日未明、サイトの拍手CGIを変更しました。前のスクリプトではどのページから拍手をいただいたか分かりにくかった(分かるように設定できなくはないが難しかった)ため、Web Liberty様からお借りした「Web Clap」という、複数ページ設置可能なスクリプトにしました。

 しかし、新しい拍手を設置して設定を行ううちに、どういうわけか、管理画面でページを移動するたびに最初のパスワード認証画面に戻されてしまうようになり……。いただいた拍手の閲覧にもお礼画面の管理にも、かなり支障を来たすようになってしまいました。おそらく、いつかのログイン時に「ログイン状態を維持する」のチェックをし忘れたのが原因だったのでしょうが、一度忘れてしまうとその状態がCookieで記憶されてしまうのか、直しようがなかったのです……。

 そこで今朝、拍手CGIのディレクトリを丸ごと消してアップロードしなおす、CGIを設置したサイトのCookieを常に許可する、インターネット一時ファイルから当のCookieのファイルを削除する……など、いろいろやってみましたが、結果は変わらず。もう解決法はないのではないかと、正直、諦めかけました。

 ……が。一度消したCGIを再アップして、属性(パーミッション)変更や設定をやり直しているうちに、ふと、設定ファイルの下の方にある「Cookieの設定」に目が行きました。確か最初にこのCGIを設置した時、セキュリティ向上のためにCookieの暗号化の設定をしたはず。まさかと思って、改めてその部分の説明を読むと……「なお、この暗号化はサーバーによっては正しく実行できないことがあるようです。『この機能を使用したら、管理ページにログインできなくなった』という場合、この機能はOFFにしておいてください」……という文が。

 これに従って、暗号キーを削除したところ、管理画面に入った後でパスワード認証画面に戻される事はなくなりました。セキュリティ的な不安は増しましたが、それは他の方法で対策すればいいこと。まずは一安心です。


 そして、過去の拍手も閲覧しましたが、既に今日までに何度か拍手をいただいてたようです。ありがとうございます! 自分の動作確認以外に拍手を下さったボットの皆さんっ!!


 ……ログファイル上げ直しのついでに中身なんか見るんじゃなかったorz

スレッド:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

2009.11.09[Mon] Post 06:18  CO:0  TB:0  ヘボサイト作り  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。