BLACK OR WHITE???

明らかに常人ではなく、さりとてオタクと名乗れるほどの知識も情熱もエネルギーもない半端者のタワゴト。バカかとアホかと思われたらどうぞ存分に叩いてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

Divinationの謎

(※投稿時にジャンル設定を間違えたので上げ直しました。すみません)

 GURPS第4版の原書(英語)のサプリメントである『GURPS Powers』『GURPS Psionic Powers』を見ると、「知覚されにくい (Obscure)」の特徴で妨害できる感知系の特徴の一つに "Divination" というのが挙げられているのだが、それがいったいどんな特徴なのか、さっぱり分からなくて困っていた。

「知覚されにくい」で妨害されるその他の特徴、たとえば「~~探知 (Detect)」や「超感覚 (Clairsentience)」、「超レーダー (Para-Rader)」(「走査感覚 (Scanning Sense)」の一種)などは、原書での名称も、日本語版での訳語も、詳しい内容も判明している。だが "Divination" だけは、原書の『GURPS Basic Set』や『GURPS Powers』や『GURPS Psionic Powers』の索引を何度見直しても発見できない。もしかしたら「走査感覚」の下位分類である「超レーダー」のように、項目名だけをチェックしていては見つからないようなものなのだろうか。だが、内容はおろか訳語すらも見当がつかないこの状況では、原書を隅から隅まで虱潰しにする以外に探しようがない。

 そこで一昨日、既にハードカバー版で持っている『GURPS Basic Set Characters』と『GURPS Basic Set Campaigns』の二冊を、PDFダウンロード販売で購入してしまった。PDFファイルならば、検索機能で簡単に目的の単語を探し当てられるはずだ。

 こうして検索した結果、特徴・技能などキャラクター作成に関する事項が載っている上巻『Characters』では、 "magical divination" の形でP.44の「Contacts (情報屋)」、P.48の「Destiny (運命)」、P.102の「Zeroed (無登録)」の3箇所。 "supernatural divination" の形でP.196の「Fortune-Telling (占い師)」の1箇所。 "Tarot divination to crystal-gazing" の形でP.316の「Professor William Headley (ウィリアム・ヘッドリィ教授)」の1箇所と、計5箇所で "divination" という単語が見つかった。初めの3箇所は有利な特徴、次の1箇所は技能、最後の1箇所はサンプルキャラクターの説明だ。残念ながらどの箇所も、「Divinationとは何なのか」を説明するものではなかった。

 そして、主にルールや背景世界について述べた下巻『Champaigns』では、P.534の1箇所に "Divination can often predict them." という文が見つかった。だが、これも文頭だから大文字になっているのであって、 "Divination" という特徴についての説明ではない。

 また、『GURPS Powers』はハードカバー版しか持っていないので、検索して確認はできなかったが、特徴一覧の「Obscure」の項目の中に、妨害対象となるものの一つとして "Divination" の小見出しが現れている。とすれば『Powers』の中に "Divination" という項目があっておかしくなさそうなのだが、アルファベット順で見てもそんな項目はないし、索引にも載っていない。

 そうなると "Divination" は、『Basic Set』にも『Powers』にも説明がないくせに、いつの間にか平然とルールブックに登場している奇妙な存在ということになる。ゲームシステムの根幹をなす『Basic Set』や、それに次ぐ重要なルール&データ集と言っていい『Powers』で言及されているのだから、そういった基本的なルールブックに説明がないとは、もう不可解と言うより他にないのに……。

 ……だが、「基本的なルールブック」と考えたところで、はたと気づいた。もしかして、自分があまりチェックしていない、もう一つの重要なルールとデータの分野……つまり、ファンタジーや魔法関係のルールブックに記載されている可能性はないだろうか?

 そういえば、確かGURPSの魔法の呪文の一つに《神託》というのがあった。原語はそのものずばり《Divination》(『ガープス魔法大全』P.240参照)。先ほどのPDF文書の検索結果でも、“magical divination”というフレーズが全6件中の半数を占めているのだから、 "Divination" が魔法関係の用語である可能性は高そうだ。

 そこで……『ガープス魔法大全』の原書『GURPS Magic』は手元にないので、まずは、そもそもの疑問の発端である『Powers』の「Obscure」の項、「Divination」の説明を見直してみた。

Divination: Obscure (Divination) is legitimate, and affects all attempts to gather facts from within the area through such means as Information spells and Psychometry. Use Obscure (Clairsentience) to disrupt remote viewing.

 お粗末ながら訳してみると……

 超常的看破:「知覚されにくい/超常的看破」も妥当な影響範囲です。情報呪文や「サイコメトリー」のような手段で、その場所から事実を探ろうとするあらゆる試みに影響します。遠隔透視を妨害するには、「知覚されにくい/超感覚」を使ってください。

 あまり上手い訳ができなかったが……。……と、いうことは、少なくとも、 "Divination" とは、特定の呪文の名前でも、魔法関係の用語でも、ましてや特徴の名前でもなかった。情報呪文や、特徴の「サイコメトリー」など、「そこにあるものから直接何かを読み取ろうとする能力」を、「知覚されにくい」の対象範囲の一つとしてまとめるために付けられた、つまり総称とでも言うべきものだったのだ。『Basic Set』にも『Powers』にも、詳しい説明がないのも当たり前だ。

--------------------------------------------------------------------------------

 ちなみに一昨日は、「~~探知」についても長年思い違いをしていたことに気付いた。「~~探知」の特別増強に「信号探知 (Signal Detection) (+0%)」というのがあるが、今までは、どうせ+0%で必要CPに増減がないんだから、どうしてみんなこの増強を付けないんだろう、そのほうが便利に違いないのに、不思議だなぁ……などとのんきに考えていたのだ。

 だが一昨日、別の特徴に+0%の増強をかけている例を発見して、はっとなった。「信号探知」が+0%ということは、例えて言えば「発信された電波信号の探知も、静的な電磁場の探知もできる」のではなく、「静的な電磁場の探知ができない代わりに、電波信号の探知ができる」ということなのだ。電波も静的な電磁場も両方探知可能ならば、それは普通の状態(静的な電磁場のみ探知可能)よりも明らかに便利なのだから、それだけCPを多く払わなければならない理屈である。ただで両方などという虫のいい話があるわけがない。

--------------------------------------------------------------------------------

 それにしても、 "Divination" と言い「~~探知」と言い、一度でも同趣味の人と話し合っていれば――そして英文を斜め読みで済ませずに、最初からきちんと読解していれば、こんな思い違いをする事もなかったのではないかと思う。やっぱり、一人よがりで設定をこねまわすだけでは、どこに落とし穴があるか分かったものではない、ということか。

スレッド:TRPG / ジャンル:ゲーム

スポンサーサイト
2009.07.17[Fri] Post 07:56  CO:0  TB:0  TRPG  Top▲

トロイの木馬!?

 さっき、自サイトのアクセス解析(AccessAnalyzerの無料版)を確認しようとしたら、新PC付属の無料期間中のマカフィーが「トロイの木馬発見・隔離」の警告を出した。

 こりゃヤバいと思って検索するとXREAのサーバーにトロイの木馬が感染した話は、1ヶ月も前から出てたのか……同サーバーで提供されてるアクセス解析「AccessAnalyzer」で問題が表面化したのは昨日今日らしいが、サイト管理人のくせに井の中の蛙で全然知らなかった。

 今さらかもしれないが、ともあれ、すぐにアクセス解析の付いてるページからAccessAnalyzerの解析を外した。おかげで改造途中の「創作物置き場」が予定外の全世界緊急公開ッ!! これから関連ページのアップを急がなければならないぜッ!!

 なお、幸いというか、我がサイトのアクセス数は0~1hit/日程度なので、訪問者の方が被害を受けた可能性は低いと思われる(……だからこそ「トロイの木馬が流行ってる」との知らせを受け取ることも無かったのかもしれないが)。だが、「ハングル無断転載禁止バナー倉庫」ページの閉鎖前は(そのページのみ)それなりのアクセスがあったことだし、まったく可能性がないとも言い切れない。

 先月初め以降、特にこの数日間に「惑星間共感駆動廻船問屋蓮荷屋」を閲覧された方々、油断の多い管理人のためにご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


(以下2009年07月10日追記)

 なお、AccessAnalyzerの解析バナーが表示されているだけ(下の画像参照)ならば害はないらしいですが、バナーをクリックして解析のサイトを表示すると、記事冒頭に書いたようにトロイの木馬に遭遇する可能性があります。自分のサイトから解析バナーを取っ払ったのは、万が一誰かがクリックしてしまうことを防ぐためです。

 ですから、今のところは、AccessAnalyzerの解析バナーが表示されたというだけで、即座に感染の心配をする必要はないと思います。とりあえず、ウイルス対策ソフトの導入と、ブラウザなどを常に最新版にアップデートしておくことはお心がけください。

AccessAnalyzer 解析バナーの表示例

スレッド:アクセス解析 / ジャンル:コンピュータ

2009.07.09[Thu] Post 23:18  CO:0  TB:0  ヘボサイト作り  Top▲

ルーミスなんて使いこなせない

 夕飯の後にうたた寝したら真夜中に目が覚めたので、寝なおす前にキャラクター絵を描くことにした。

 ところが、机の上の紙を斜め上から見ているせいか、妙に頭でっかちになってしまう。一画面に二人の人物を描こうとしているのだが、その構図というか、見かけの身長の違いや位置関係やポーズもうまく決められない。

 そこで、本の山からルーミスの『やさしい人物画』を引っ張り出してきて、眼の高さの線(あるいは地平線)を基準として、二人の立ち位置や構図を論理的に正確に決めることにした。

見よ! 明らかに消失点が紙と下敷きと机からはみ出しているっ!

 ……とりあえず、紙と作業領域の広さと、ものさしの長さが絶対的に足りないことは非常によく分かった。

 あと、すいません……直角に交わる線を引くのに三角定規セットがほしいです……。

スレッド:自作イラスト / ジャンル:アニメ・コミック

2009.07.09[Thu] Post 04:11  CO:0  TB:0  日々のヨタ話  Top▲

年齢と経験は比例しないというか、経験は生産時のスペックに勝るというか

 現在メインで使用中のノートパソコン(Windows Vista 64bit)は、何しろ購入から日が浅いので(過去の記事参照)、日本語変換もまだ一発では希望通りにならない事が多い。たとえば、リクエストを略して「リク」と書いてある箇所に「エスト」を付け足して修正しようという時に、仮にも自分のパソコンだったら一発で「エスト」と変換してくれないとな! と思っても、結果は「エスと」になってしまったりする。

 そんな作業の途中、ふと、そういえばアンドロイドが製作者の子供としての名前を持っている例はどれほどあったか、という疑問が浮かび、「ギヒ・ラキシス・ファナティック・B・天照・グリエス」で検索してみることにした。ただし設定変更などによる表記の揺らぎも考慮して、キーワードは「ラキシス・ファナティック・B・天照」程度にしておく。では、ブラウザ右上の検索窓にそう入力して……と、思ったところ。

検索窓に羅貴志素・ファナティック現る

 おいVista……おまえ……まだせいぜい生後1ヶ月の無邪気な赤ん坊だとばかり思ってたが、いつの間にそこまでグレちまったんだ……!!!?

スレッド:どーでもいいこと / ジャンル:コンピュータ

▽この記事の続きを読む?

2009.07.05[Sun] Post 07:20  CO:0  TB:0  日々のヨタ話  Top▲

色彩力テスト

 おとといの夜、とあるサイトの日記で色彩力テストを見かけたのでやってみた。

 結果は67点。テストの最中は出来る限りの力を尽くしたけれど、ほぼ勘で答えた問題も多かったから、いい点数とはおそらく言えない。

 力を尽くしたと言ったところで、中学の時の美術資料集の内容を懸命に思い出すとか、Pixiaのカラーパレットの表示を懸命に思い出すとか、『GA 芸術科アートデザインクラス』の内容を懸命に思い出すとか……自分にやれたのはその程度だ。色のイメージだの何だの、そもそも思い出す知識もない分野は、何が出てきてもちんぷんかんぷん。それでいて、この自分にはあいまいとしか思えない問題文も、色彩学をやっている人にとってはとても確固とした意味に見えるんだろう、なんていう想像はよく働くんだよなぁ……。

 そういえば以前、学生のうちに色彩検定の3級くらい取りたいなあと思って教本まで買ったのだが、ほとんど目も通さないまま部屋のどこかに積んである。というか、このテスト結果を見る限りじゃ、3級でも途轍もなく難しそうなんだけど……! 『GA』に登場する子たちが、彩度がどうの明度がどうの系統色名に固有色名がどうのと日常的に言ってるのって、とても凄い事なんだと分かったよ……。それが専門だからと言ってしまえば、確かにそうではあるけど。

 それでも、もう一度テストし直したら81点まで行った。ちょっと嬉しかった。
2009.07.05[Sun] Post 02:31  CO:0  TB:0  占い・診断・バトンなど  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。