BLACK OR WHITE???

明らかに常人ではなく、さりとてオタクと名乗れるほどの知識も情熱もエネルギーもない半端者のタワゴト。バカかとアホかと思われたらどうぞ存分に叩いてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

今さらシェイパー? 何それ?

 前回のユエル話の続きっぽいんですが。

 今回の本題に入る前に、ひとまず前回の話に自分なりにまとめを付けておきます。
 結局のところ、GMやシナリオやセッションの性格によって、どんなPC(プレイヤーキャラクター)を認めるかは千差万別。それこそ「あくまでガープス・ユエルの魔法習得ルール準拠で」「魔法大全での追加呪文も取り入れてよし」「あくまで原書通りの魔法習得順で!」等々、いろいろな立場が有り得るわけで。だったらこちらも、「ユエルのルール内でやってね」というセッションだったら、ユエルのルール内で作ったキャラクターを使えばいいし、「いや、他にもいろいろなルールやデータを取り入れて作っていいよー」ってんなら、他の本のルールも使って自分の思い通りに作ったキャラクターを使えばいいんだ(そもそもGMに許可されるようなキャラかってのは別問だけど)! ……という、実にありきたりな結論に行き着きましたのさ。

 ちなみに自分はセッション経験のほとんど無い、ほそぼそと本を買って、時々こそこそとオリキャラ作りをしているだけの、けちな野郎でござんすよ。

スレッド:TRPG / ジャンル:ゲーム

スポンサーサイト

▽この記事の続きを読む?

2008.10.30[Thu] Post 10:12  CO:0  TB:0  TRPG  Top▲

気にしなければ何てことないのに

 ガープス・ユエルのルールブック(『かくて世界は広がった』も含む)を見ていると、『ガープス・ベーシック』とかからいろいろ特徴付け足して強化して、変なキャラを作りたくてたまんないんだぜ。

 というわけで以前作ったユエルのキャラを、今度は『ガープス・ベーシック』と『GURPS POWERS』など寄りで作り直してるのだが、『ユエル』のサリカ信者のデータと『ガープス魔法大全』の情報伝達系呪文の項を見比べて、今さら気づいた。……サリカの入信者の呪文て、《生命感知》《敵感知》と《嘘発見》《読心》《説得》の間に、《感情感知》が入ってないのな。

『魔法大全』に従うならば、《嘘発見》と《説得》の前提条件は《感情感知》で、《感情感知》の前提条件は《敵感知》だから、《感情感知》こそが簡単な呪文から難しい呪文へと学んでいく流れを繋いでるのに! 確かにゲーム内で使う必要はあまり無さそうな呪文だけど! と、何だか妙にもやもやしてしまって、キャラメイクがそこから進まなくなってしまった。

 ちなみに『魔法大全』の後ろのユエル追加魔法データでも、サリカ入信者の呪文に《感情感知》はない。ただし高司祭共通呪文の、情報伝達系のところにはある。
 ということは、サリカの信者は高司祭にならないと、入信者でも学べる《嘘発見》より簡単な《感情感知》が学べないということに……。うーん、高司祭で《感情感知》《嘘発見》その他が学べるガヤン信者の場合は、追加魔法データで、神官の段階で《敵感知》を学べることになってるのになぁ。でもガヤンの場合だって、追加データさえ利用しなければ、《敵感知》なしで《感情感知》《嘘発見》を習得しても何ら構わないわけだし……。

 ……行き着く所はやっぱり、「『ガープス・ユエル』ではそういうルールになってるから」という一点に尽きるんだよなぁ。あとは、『ベーシック』とか『POWERS』などの原書のルールをどれだけ取り入れるかは場合による、という、常識というか当たり前すぎる結論しか出せない。ユエルはユエル、それ自体で充分遊べるんだから、『ベーシック』とか原書なんて気にする必要なし! という意見が存在することは否定できないし。


 そういうわけで……CP総計600で「形態変更・変身」に「Once on, Stays on (+50%)」の増強が掛かってて獣化すると生命力が最大17になるシェイパーのキャラが出来たんですけど、どなたか扱いきれるとおっしゃるハイパーGM(ゲームマスター)の方はいらっしゃいませんかっ……!?
2008.10.25[Sat] Post 23:57  CO:0  TB:0  TRPG  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。