BLACK OR WHITE???

明らかに常人ではなく、さりとてオタクと名乗れるほどの知識も情熱もエネルギーもない半端者のタワゴト。バカかとアホかと思われたらどうぞ存分に叩いてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

クリックという言葉一つだけで

 サイトの小説のページの下に、拍手ボタンとして画像を設置し、alt属性とtitle属性に“Click & Clap!!”と書いておいたら、Another HTML-lintに怒られた。「<A> のアンカーとして <IMG> の ALT 属性の値に `Click & Clap!!` などを使うのは好ましくありません。」だそうな。

 どうやら“Click”という単語があったせいで、いわゆるhere症候群の一種だと見なされたらしい。here症候群というのは、「○○はこちら」や「ここをクリック」などの、単独では意味を成さない部分をリンクにすること。リンク部分だけを抜粋すると「こちら」「ここ」や「クリック」だらけで訳が分からなくなってしまうので、好ましくないと見なされるらしい。

 だが……“Click & Clap!!”は、そりゃ確かに“Click”という単語は入ってるが、キャッチフレーズとして充分に意味を成してると思うんだがなあ。

スレッド:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

スポンサーサイト
2009.11.18[Wed] Post 05:18  CO:0  TB:0  ヘボサイト作り  Top▲

拍手CGIの管理画面でパスワード認証画面に戻されるという問題

 今月2日未明、サイトの拍手CGIを変更しました。前のスクリプトではどのページから拍手をいただいたか分かりにくかった(分かるように設定できなくはないが難しかった)ため、Web Liberty様からお借りした「Web Clap」という、複数ページ設置可能なスクリプトにしました。

 しかし、新しい拍手を設置して設定を行ううちに、どういうわけか、管理画面でページを移動するたびに最初のパスワード認証画面に戻されてしまうようになり……。いただいた拍手の閲覧にもお礼画面の管理にも、かなり支障を来たすようになってしまいました。おそらく、いつかのログイン時に「ログイン状態を維持する」のチェックをし忘れたのが原因だったのでしょうが、一度忘れてしまうとその状態がCookieで記憶されてしまうのか、直しようがなかったのです……。

 そこで今朝、拍手CGIのディレクトリを丸ごと消してアップロードしなおす、CGIを設置したサイトのCookieを常に許可する、インターネット一時ファイルから当のCookieのファイルを削除する……など、いろいろやってみましたが、結果は変わらず。もう解決法はないのではないかと、正直、諦めかけました。

 ……が。一度消したCGIを再アップして、属性(パーミッション)変更や設定をやり直しているうちに、ふと、設定ファイルの下の方にある「Cookieの設定」に目が行きました。確か最初にこのCGIを設置した時、セキュリティ向上のためにCookieの暗号化の設定をしたはず。まさかと思って、改めてその部分の説明を読むと……「なお、この暗号化はサーバーによっては正しく実行できないことがあるようです。『この機能を使用したら、管理ページにログインできなくなった』という場合、この機能はOFFにしておいてください」……という文が。

 これに従って、暗号キーを削除したところ、管理画面に入った後でパスワード認証画面に戻される事はなくなりました。セキュリティ的な不安は増しましたが、それは他の方法で対策すればいいこと。まずは一安心です。


 そして、過去の拍手も閲覧しましたが、既に今日までに何度か拍手をいただいてたようです。ありがとうございます! 自分の動作確認以外に拍手を下さったボットの皆さんっ!!


 ……ログファイル上げ直しのついでに中身なんか見るんじゃなかったorz

スレッド:ホームページ・ブログ制作 / ジャンル:コンピュータ

2009.11.09[Mon] Post 06:18  CO:0  TB:0  ヘボサイト作り  Top▲

トロイの木馬!?

 さっき、自サイトのアクセス解析(AccessAnalyzerの無料版)を確認しようとしたら、新PC付属の無料期間中のマカフィーが「トロイの木馬発見・隔離」の警告を出した。

 こりゃヤバいと思って検索するとXREAのサーバーにトロイの木馬が感染した話は、1ヶ月も前から出てたのか……同サーバーで提供されてるアクセス解析「AccessAnalyzer」で問題が表面化したのは昨日今日らしいが、サイト管理人のくせに井の中の蛙で全然知らなかった。

 今さらかもしれないが、ともあれ、すぐにアクセス解析の付いてるページからAccessAnalyzerの解析を外した。おかげで改造途中の「創作物置き場」が予定外の全世界緊急公開ッ!! これから関連ページのアップを急がなければならないぜッ!!

 なお、幸いというか、我がサイトのアクセス数は0~1hit/日程度なので、訪問者の方が被害を受けた可能性は低いと思われる(……だからこそ「トロイの木馬が流行ってる」との知らせを受け取ることも無かったのかもしれないが)。だが、「ハングル無断転載禁止バナー倉庫」ページの閉鎖前は(そのページのみ)それなりのアクセスがあったことだし、まったく可能性がないとも言い切れない。

 先月初め以降、特にこの数日間に「惑星間共感駆動廻船問屋蓮荷屋」を閲覧された方々、油断の多い管理人のためにご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


(以下2009年07月10日追記)

 なお、AccessAnalyzerの解析バナーが表示されているだけ(下の画像参照)ならば害はないらしいですが、バナーをクリックして解析のサイトを表示すると、記事冒頭に書いたようにトロイの木馬に遭遇する可能性があります。自分のサイトから解析バナーを取っ払ったのは、万が一誰かがクリックしてしまうことを防ぐためです。

 ですから、今のところは、AccessAnalyzerの解析バナーが表示されたというだけで、即座に感染の心配をする必要はないと思います。とりあえず、ウイルス対策ソフトの導入と、ブラウザなどを常に最新版にアップデートしておくことはお心がけください。

AccessAnalyzer 解析バナーの表示例

スレッド:アクセス解析 / ジャンル:コンピュータ

2009.07.09[Thu] Post 23:18  CO:0  TB:0  ヘボサイト作り  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。